即日にできるキャッシングとは?

即日に利用できるキャッシングといえば、消費者金融が思い浮かぶ方も多いでしょう。消費者金融のキャッシングは、すぐにお金を借りることができるかわりに金利の高さが心配、また消費者金融自体にネガティブなイメージを持っている方もいるかもしれません。

 

しかし20代、30代といった世代では即日キャッシングを、自分の銀行口座と同じように利用している人も増えています。給料日前のピンチのときなどに、上手に利用している人たちはとても多いのです。テレビのコマーシャルの影響で、明るくクリーンなイメージを消費者金融に持っているという世代ではないでしょうか。

 

また40代、50代といった世代でも以前のように消費者金融といえば高金利といったイメージは減少しているのはないでしょうか。実際、駅前の便利なところにあり、無利息の期間があるキャッシングや利息計算を日割りで行うキャッシングといったように、利用者がとても使いやすい消費者金融がどんどん増えています。

 

女性が利用しやすいように専用スタッフが対応してくれるフリーダイヤルの設置や、はじめて消費者金融を利用する人のためのフリーダイヤルなど、利用者の立場にたったサービスがたくさんあるのも消費者金融の魅力でしょう。

 

即日にお金が必要ということがあった場合は、銀行などでの借入はまず難しいでしょうから、消費者金融での借入も選択肢に入れておくことをおすすめします。年会費や入会金が必要ない消費者金融であれば、いざというときのためにカードを作っておいてもよいかもしれませんね。

 

即日審査と即日融資って何が違う?

すばやくキャッシングを利用したいという時のキーワードは「即日」です。しかしここに続く言葉によって、本当に申し込みをしたその日のうちに借りられる物もあれば、そうではない物もあります。即日キャッシングと書かれていてもそれが「即日審査」なのか「即日融資」なのかによって違いがあるのです。

 

まず即日審査とはどういうものなのでしょうか?即日審査は、申し込みをしたその日に審査が完了するというものです。消費者金融のキャッシングをはじめとして、銀行カードローンなどでも最短30分といったキャッシング商品をよく見かけるようになりました。即日審査と聞くと「すぐに借りられそう。」とイメージするものですが、そうではない場合もあるので要注意です。

 

審査は「最短」と書かれているわけですから、申し込み者の状況や審査の混み具合などによっては記載の審査時間で完了しないということを理解しておく必要があるでしょう。またキャッシング商品では24時間審査申し込みを受け付けていますが、審査に対応している時間は24時間ではありません。審査対応時間を過ぎて申し込みをした場合は、翌営業日の審査対応時間になってから審査が始まりますので最短時間よりは当然長くかかってしまいます。

 

また、銀行カードローンでは銀行口座を開設しておかないとキャッシングできないという商品もあります。この場合、口座を持っていない銀行カードローンを申し込むと口座開設まで時間がかかることがあり、即日に借りるということが難しい場合もあります。

 

一方の即日融資は、申し込みをしたその日のうちに融資ができる方法を準備しているキャッシング商品となります。しかし、これも審査に関しては即日審査と同じことですから、申し込みをする状況によっては即日に審査が終わらないケースもあります。しかし、即日融資と書かれていると借り入れまでのスムーズな流れがあるキャッシング商品であることが多く、すばやい借り入れができる可能性が高いです。